白玉ライフ

所属:女子大4年、いつのまにかひまわりイエローのことばかり…

@◯◯は俺の嫁 的なものかと思ってたんだけどちょっと違うらしい嫁軍団 #とは

 

こんばんは。白玉です。

 

 

 

暇さえあれば、ツイッターでキンプリを調べている就活生の鑑。

 

(ちなみに、わたしはキンプリ?ジャニーズ?用の別垢作ったりはしておりません。)

 

 

最近は、「◯◯さんがいいねしました」という、頼んでもいないのに個人の趣味嗜好を勝手にシェアする機能が生まれてしまったため、いいねではなく、ツイッター内のブックマークを非常に愛用しています。。

 

そんなこんなで、キンプリを調べていくうちにまた新たな文化に遭遇しました。

 

 

 

それは、

 

 

 

 

「「キンプリ嫁軍団」」

 

 

f:id:shiratamalife:20180520193529p:image

 

 

まず、嫁なのに軍団なの?という謎と、エゴサをかけてみると、

 

f:id:shiratamalife:20180520194220j:image

 

死ぬほど叩かれているwwwwww

タグまで作られてwwwwwwwww

 

 

韓国アイドルオタク時代(詳しくは前記事:https://shiratamalife.hatenadiary.jp/entry/2018/05/18/232537 をご覧くださいませ)は、というかわたしが応援していたグループは特になのかもしれないんですけど、基本的にルールみたいなものがあまり定まってなくて(笑)

 

 

ライブでハットとかを被ってる人は流石に叩かれるけど、それ以外は基本的にスルー。

厚底を履いていようが、どれだけ大きいボードを使っていこうが、上にかざしてアピールしようが、ちょっと愚痴られるくらいで特にはなかった(ように感じます)

 

嫁を名乗ってる人ってめちゃくちゃ多くて、◯◯の彼女♡とか一筋♡とか、まぁどう考えてもありえないこと書いてる人もいたけど、アニメオタクの@◯◯は俺の嫁 てきな感覚だったのかなぁと思って、誰もそこに触れていなかったように感じます。

 

 

 

だから!

 

 

 

何をそんなに叩かれるんだろう、ほっとけばいいのに〜、、、と正直、思っていました。

 

 

しかし、実際のわたしの想像と本物の嫁軍団にはかなりギャップが!

 

 

そもそも、なんでファンがわざわざ嫁軍団を潰すような、アンチみたいなことをするんだろうと思って調べて見たら、前にもいた(いる?)みたいで。

Hey!Say!JUMPのファンの間で嫁軍団という文化が始まったみたいです。

 

 

その平成嫁軍団?の態度だったり行いが悪かったり、超同担拒否みたいなスタンスでファンの治安を悪化させたから、叩く。のような流れだったみたいです。

 

 

それがどんどん若いグループのファンの子たちの中で流行ってしまって、キンプリにもとうとう嫁軍団ができてしまった、と。

 

 

 

一部の人たちの行いの悪さで、ライブがなくなってしまうことってなくはないこと。

確かにそういう人は潰したくなるよな〜wwとちょっと納得できました。(笑)

そういうの統制できるのってやっぱりファン同士でしかないんですよね。

 

 

 

でも、同担拒否ってオタクの根底には必ずあるもので、気持ちがわからなくもないかなぁと、思う部分もありました。

 

 

 

 

 

しかし、キンプリ嫁軍団の叩かれるべきポイントは、このド初心者のわたしでもわかるレベルでもうひとつあって。

 

 

 

「◯◯くんのことはいつもそばで見てるからわかるけど」みたいな本命彼女です♡感のアピールと、「アンチには負けません!」みたいな煽り。

 

 

どっちも表現の自由ではありますけど〜、、嘘は良くないよwww最後に(妄想)とかつけるだけで、誰も不快な思いはしないからね。気をつけようね。(誰)

 

あと、そもそも叩かれるってわかってて行動しちゃうのも、ちょっと痛いかなって思っちゃうし、それで負けません!みたいな論点ズレすぎワロタみたいなことですよね。

 

 

 

個人的に笑ってしまったのは、キンプリ嫁軍団のマネージャー。(笑)

何をマネジメントするのか教えてほしい。(笑)嫁軍団の総合垢てきな感じなんですかね。

 

 

 

人気があるから、出てきたからこその騒動のひとつなんでしょうけど、これでファンの質とか言われてしまったら本当のファンの子達は黙ってられないですよね。悔しいし悲しい。

 

 

 

彼女たち(嫁軍団)が一刻も早く、落ち着いて自分と向き合ってくれることを、切に願っています。(だから本当に誰。)

 

 

 

よろしくお願いいたします。