しらたまライフ

好きなひとたちの話をします

なにわ男子はスーパーキラキラ天才アイドルだった

 

 

11月15日金曜日。

「なにわ男子 FIRST LIVE TOUR ~なにわと一緒に#アオハルしよ?~」

に行ってきました。

 

 

 


f:id:shiratamalife:20191120183402j:image

 (おばさんは会場で写真を一枚も撮らないというとんでもないミスをしでかしたので、写真はネットニュースから拝借しました)

 

 

 

 

 

 

 

一言でいうと、とんでもない日だった。

 

 

・MCでAぇ!group・Lil かんさい登場

・なにわ男子追加公演 in 大阪城ホール3日間

・関西ジャニーズJr.単独公演 in 京セラ2日間

・公開記者会見

・ダブルアンコで見学に入ってた康二登場→関西アイランドこじだい

 

 

 

 

情報量

 

 

 

ただでさえ関西現場初(なにわ現場はたまアリ合同と8.8しか入ったことない関西運ゼロオタク)だったので、関西曲の振付やら掛け声やら練習していたのにそれどころじゃなかった。

 

 

 

 

 

もちろん、このえげつない発表事について話すのもありなんですが、今回は、なにわ男子のライブに入って思ったことをしたためます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一言でいうと、

この7人がなにわ男子で、めちゃくちゃ良かったなとつくづく感じるライブでした。

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの通り、わたしはゴリゴリのユニ厨です。(知らんがな)

 

 

 

 

前の記事とか見てもらうとわかるかと思うんですが、わたしは掛け持ちオタクでございまして、推しの長妻怜央くんが所属する7ORDERも、元々は某ャニーズで7人組のユニット、干された挙句全員で退所したあの“Love-tune”のメンバーなわけです。

前世からずっと7人にこだわり続けてきたグループなんですよ。

 

 

 

 

 

わたしがなにわ男子に興味を持ち始めたのも、長妻くんが仲間たちと7人で退所して、彼らと仲の良かった兄組や東京ジュニアをみれなくなったときに、なんとなく7人という共通点のあったのがなにわ男子だったからなんです、実は。(その当時、把握していた共通点人数だけなのウケる)

 

 

 

 

正直、この時はまだ長妻くんも 表舞台に出てきてなかったので、「こうやってまたジュニアに興味持ってはまって、ユニ厨になって、みんなしてやめていくんだ…」ってくっそネガキャンしていたんです。だから絶対に好きになりたくなかったし、はまりたくなかった。

 

 

 

 

 

その時の葛藤がやばい。

f:id:shiratamalife:20191120184246j:image


f:id:shiratamalife:20191120184248j:image

 

今見ると本当に面白いけど、それなりに悩んでたみたい。ウケる。

 

 

 

 

 

 

ユニットが発表されたときのなにわ男子のメンバーのイメージって、大西畑+丈橋+トリオっていうイメージでしかなくて、「この7人は関西が今推したい人たちなんだな~~~」くらいにしか思ってなかったし、まあ一言で言っちゃえば、ユニット選抜ってイメージでしかなかったわけですよ。実際、お披露目の前半誌インタビューはみんな距離あったし(笑)

 

 

 

 

 

だけど、そんな7人が関ジュで4年ぶりにできたユニット第一号になって、不安やプレッシャーもあっただろうに、関西ジャニーズJr.を引っ張っていこう、なにわ男子をもっとよくしていこう!って頑張ってる姿を、(たった1年ちょっとだけど)見てきて、どんどん成長していって、自分たちの力でいろんな仕事やタイトルを勝ち取ってきて、切磋琢磨してるっていう姿を見てきて。

 

年齢歴関係なくよりよいグループになるためにぶつかったり、みんなでただひたすらリーダーいじったり(笑)ファンのことを第一に考えて、先を走っていくというよりも一緒に走ってくれて。

 

 

 

 

おたく(ユニ厨)の色眼鏡でそう見えるのかもしれないですけど、

今回の全ツで7人がこのユニットで、なにわ男子で絶対デビューするんだってそんな覚悟が見えて。

 

 

 

それぞれ、2、2、3だった7人が確実に1になっていたのを、もんのすごく実感してしまったわけですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃあもう好きでしかないでしょうよ!!!!!!!

応援するしかないでしょうよ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

わたしが彼らを応援し始めてからも、ジュニアの置かれている環境は日々変化していて。時にはなんでこの仕事、なにわ男子じゃないの!って思うこともあったし、扱いの違いに落ち込んで、悔しくて、入ってから後悔した現場もありました。

 

 

 

 

けど、それでもキラキラ輝く7人をみたら、そんな風に思ってた自分がバカだな~って思えるんですよ。アイドルの力ってすごい

 

 

 

 

最初はらぶに重ねてはまっていったなにわ男子だったけど(人数以外にもたくさん共通点あったよ)、いまは本当に、藤原丈一郎西畑大吾大橋和也、高橋恭平、大西流星、道枝駿介、長尾謙杜、この7人がなにわ男子で、本当によかったって思ってるし、ずっと応援していきたいなって思います。重すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 (こんな激重ブログ書いといて前日にオタ卒しようとしてたなんて、口が裂けても言えないよね🌟)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブレポかと思いきや、心境吐露ブログになってしまった。。

とにかく、なにわ男子最高だよ~~~~~!!!!!!